FC2ブログ

小田原土産「燻製たまご」と「寄木細工」

お土産グルメ
06 /10 2018
小田原に、治療を兼ねて旅された方からお土産をいただきました。

袋に入ったシークレットな状態で、何?!をイメージするか・・・というと、箱根の「温泉卵」??!と思ったけど、すごく木ようなハーブのような香ばしい香りがします。

なんと!「燻製たまご!!」でした。

桜の木で、いぶしているのかな⁈・・・2か月ほど、日持ちもするようです。

燻製たまご1

香りがいいので、3かほど、テーブルの上のオブジェとして置かれ、いよいよ食べることになりました。

燻製たまご2

中は、普通の茹で卵なんですが、やはりい日された色が付いていて、醤油で似たような色にもみえます。

カラザの空洞のところも大きく、より濃密で引き締まった卵の中身になっているようでした。

燻製たまご3

むいてからのからも、いぶした香りは、逃げないままで、まだまだ芳香剤としてとっておきたいような香りでした。

燻製たまご4

岩塩をつけて、サラダ感覚で、いただきました
燻製たまご5


もう一つの小田原(箱根)土産は、寄木細工の根付けストラップ。

寄木細工(よせぎざいく)は、様々な種類の木材を組み合わせ、それぞれの色合いの違いを利用して模様を描く木工技術である。 日本においては神奈川県箱根の伝統工芸品として有名であり、200年程の歴史を持つ。


海外の方へのお土産にも喜ばれるようです。

組木細工


にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ふくろうkonopoco

クリニック内での出来事を中心に日常の出来事いろいろを自由気ままに綴っています。⇒(まつねクリニック)