遠州「森」の次郎柿と飯山の富有柿

お取り寄せ
11 /29 2016
次郎柿と富有柿の違いは、何???!と思いながら、遠州森の次郎柿をお取り寄せしてみた。

遠州森町のパーキングエリアに、昨年の夏に立ち寄った思い出もあって、ここの次郎柿にこだわってみました。

早速、pocoも興味があるようですね+.(*'v`*)+


遠州森の次郎柿2

まずは、次郎柿について調べてみることに・・・

次郎柿は静岡県周智郡森町の松本治郎吉氏(1813-1887年)が1844年太田川で見つけた幼木を自宅に持ち帰り植えたのがはじまりなんだそうです。

原木は1869年(明治2年)に火事によって一度焼失しましたが、翌年その根元からあらたに芽を出してきた木は以前以上に甘く美味しい実を付ける柿ノ木に育ち、現在でも静岡県の指定天然記念物として保存され現存しているということです。


遠州森の次郎柿1

次郎柿は完全甘柿です。
大きさは250gから300gほどで平核無柿などのように四角い形をしていますが、起伏があり、側面に側線状の浅い窪みが出来やすい。種はほとんどなく、果肉は果汁が少なく堅めでコリコリとした食感があり、酸味は感じられません。

遠州森の次郎柿3

遠州森町の次郎柿が届いたのと同じタイミングで、飯山の柿を分けていただくことが出来ました。
この地元飯山の柿は、富有柿なのか?!次郎柿なのか?!
同じく、甘くておいしいところは、負けず劣らずの味でした。

「富有はあごで食べ、次郎は歯で食べる」と言われていて、富有柿は果肉がやわらかく、次郎は硬めで歯ごたえがある柿ということを表しているそうです。

土地柄、飯山の柿は、富有柿なのかなぁ~と思っています。

飯山の富有柿

柿をたっぷり食べて、早く風邪を治したいところです。

柿効果も調べておきます

昔から「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われているように、柿は健康効果の高い果物
ビタミンCが豊富で、柿半分(100g)で厚生労働省の定める一日の推奨量の約70%を摂ることができる!!!

他にも粘膜を保護する効果のあるβカロテン、免疫力を高める効果のあるβ-クリプトキサンチンというポリフェノールも含まれていて風邪の予防効果も多いに期待できる果物



にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ふくろうkonopoco

クリニック内での出来事を中心に日常の出来事いろいろを自由気ままに綴っています。⇒(まつねクリニック)