最上稲荷の参拝土産「栗入り焼きまんじゅう」と「ゆずせんべい」

お土産グルメ
07 /08 2016
岡山の最上稲荷は、伏見・豊川と並ぶ日本三大稲荷の一つで、1200余年の歴史があります。

正式名称は「最上稲荷山妙教寺」で、お寺なのに大きな鳥居があります。
(明治の神仏分離令の際、特別に「神仏習合」の祭祀形態が許された、仏教の流れを汲む貴重な稲荷だから・・・です)

五穀豊穣、商売繁盛、開運など多くの福徳をそなえているので、多くの人が参拝されているようです。


今週、参拝された方から、
お土産に、「柚子せんべい」と「おまんじゅう」をいただきました。
最上稲荷土産1


焼き饅頭ですが、側の模様もくっきり&かわいいのですが、
中の餡も栗の粒が入っていて、珍しく&おいしい餡でした!(^^)!

最上稲荷土産2 3


にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ふくろうkonopoco

クリニック内での出来事を中心に日常の出来事いろいろを自由気ままに綴っています。⇒(まつねクリニック)