ドイツビール(三の巻)とパパベルのパン

ビール
10 /17 2015
今週、ドイツ館に隣接する「第九の里」の物産館で、ドイツビールを選んで買ってきています。

今週の木曜日は、飯野町にあるパン屋さんがパパベルデー♪ということで、パンを主食にドイツビールを楽しんでみました。

どちらも、酵母入りフルーティなビールです。

ドイツビール1

左のビールが、
「シュナイダー・ヴァイスビール」で小麦麦芽を使用した南ドイツ(ババリア地方)特産の酵母入り白ビールです。

シュナイダーヴァイセは、ゲオルク・シュナイダーⅠ世がミュンヘンで1872年に設立し、王室のビール職人だったそうで、歴史あるビールのようです。

高品質のホップと大麦60%に対し40%小麦を加えて醸造されるドイツのヴァイス(白)ビールです。

色合いはヴァイスビール独特の白にごり色でなく褐色の大麦の使用によってややブラウン色です。

味わいは小麦のもたらす芳醇なフルーティー香りと柔らかな酸味が有り、しっかりとしたコクのある味わいで喉越しの良いビールです。


右のビールは、
「エルディンガーヴァイスビア‟ミットファイナーヘーフェ」・・・<カタカナ苦手なので覚えにくい(^^ゞ>

エルディンガー・ヴァイス醸造所はドイツで最も規模の大きなヴァイツェンの醸造所で、1886年にヨハン・キエンル氏により設立されました。(伝統的バイエルン醸造芸術を満喫出来る、良質ビール酵母入りのヴァイスビールです。)

酸味のあるスパイシーな香りが特徴で、口に含むとさっぱりとした甘い麦の風味が口に広がります。
さっぱりとした風味のわりには、しっかりとした苦みのあるコクが楽しめるのも魅力です。
後味はすっきりとしていて、かすかにビールの苦みと酸味を感じる程度です。


アロマっぽく、フルーティでまろやかスッキリの味わいでした。


ドイツビール2

どちらも歴史あるドイツのビールに相応しいパンを選んでみたわけですが…

ポイントは、「ジャガイモとウインナー」です。

パパベルパン1

厚焼きのビザも ドイツビールに合いますね(^^♪
パパベルパン2

パパベルパン3

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ふくろうkonopoco

クリニック内での出来事を中心に日常の出来事いろいろを自由気ままに綴っています。⇒(まつねクリニック)