サボテンとサンセベリア

花・植物・虫
05 /27 2015
今週の初めに「サボテン」を持ってきていただきました。
サボテンって可愛いですね。

実際は、育てたことがないから、育て方を調べてみました。
まずは、水やりの仕方からですね。

 土質によってはすぐに根腐れして枯れてしまいます。
肥料が効きすぎていたり、ペーハーが酸性やアルカリ性に
大きく偏っていると生長できず、色が悪くなってしまいます。

・サボテンの水のやり方は?
基本的には普通の植物と同様に、
鉢の底から水が流れ出るくらいたっぷりとやります。
「サボテンは水をあげなくても育つ」
「霧吹きでかけてあげる程度でOK」というのは間違いです。

サボテン2

水を溜めない程度の量をやるのは非常に難しいですが、
土が完全に乾いたら土全体が湿る程度の量を与えてください。
決して鉢の中に水を溜めないようにしましょう。

春~秋は、土が乾いて2、3日経ってから(大体二週間に1回程度)、水をやってください。
・日の当たる場所に置いて育てましょう


サボテンの原産地は北南米とその地域で、比較的乾燥地帯です。
太陽によくあたる場所で育てるのがベストです。
蛍光灯や電気の明かりでは日光不足になってしまうので、
インテリアとして飾っている場合でも、1日1時間程度は、
日の当たる場所に移動してあげましょう。


サボテン1

なるほど~!!と勉強した後で、冬の間に水をあげすぎてすっかりダメにした「サンセベリア」のことが気になりだして、昨日、鉢に植え替えをしてあげました。
根腐れさせてしまったのですが、まだ元気な葉っぱを水につけておきました。
見事に、根が~~~出ているので、復活ですね。
何でも諦めてはいけないことを学べます。
サンスベリア

サンセベリアもサボテンと似た性質があるようです。
熱帯産の植物で、夏は、直射日光を避け、冬は、暖かいところに置く。

水やりは、夏はたっぷり、冬は控えめ!!!

サンセベリアは、室内の空気をきれいにする作用もあるようなので、クリニック再デビューさせよう!と思っています
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ふくろうkonopoco

クリニック内での出来事を中心に日常の出来事いろいろを自由気ままに綴っています。⇒(まつねクリニック)