宇和島土産「大番」

お土産グルメ
03 /29 2014
昨日、宇和島に行かれていた方から、いろんなグルメなお土産をいただきました。

そのひとつに「大番」という和菓子があります。
宇和島へは、何度も行っていますが、このお菓子は、初めていただきました(pocopapaは知っていましたが…)

ゆずの香りがする上品な餡をカステラの生地でサンドされています。
カステラ生地もふわふわで洋菓子のような和菓子です。
新しい感覚のお菓子のようですが、成り立ちを読むと、歴史あるお菓子であることがわかりました。
260328宇和島土産(大番1)

この宇和島を代表する銘菓「伊予路大番」は、その昔作家の「獅子文六(1893~1969)が、戦後の約2年間をこの地で過ごし、その体験をもとに書いた小説「大番」が映画化され、宇和島でロケが行われたそうです。

ロケがあった昭和32年、当時の中村市長が発起人となり、「大番」という名前の宇和島銘菓を作って売りだそうという話になったそうです。

260328宇和島土産(大番2)
pocoもいつの間にか現れていたので、このカステラの香りは魅力なんでしょうね♪

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ふくろうkonopoco

クリニック内での出来事を中心に日常の出来事いろいろを自由気ままに綴っています。⇒(まつねクリニック)