鼻から内視鏡(胃カメラ)の実現

医療
11 /30 2007
とうとう本格的に経鼻内視鏡の検査を始めることになりました。
今日、「FUJINON」の『経鼻内視鏡』が到着しました。直径わずか5.9mm、従来の内視鏡スコープのおよそ半分の先端径だそうです。鼻経電子内視鏡

楽にできるから、定期的に検査を受けてみよう!ということになり、胃がんなど早期発見につながることが期待できます。
また、おしゃべり可能な状態なので、リラックスできるだろうと思われます。
多くの人に体験して自分の「胃」の形や中味を理解して、管理できるようになることを望んでいます。

あと、「成人健康診断」の項目は、ほとんどできるように機器を備えることになりました。
特殊なものとして、聴力を検査するためのもので、「オージオメーター」機器があるのですが、多くの企業は、その検査が必須のようです。
健康な方も緊張せずに検査していただけるクリニックの環境を作っていきたいものです。
スポンサーサイト

お見舞い

未分類
11 /29 2007
先輩の友人が旅行先の石川県七尾市で転んで、第一腰椎を骨折したそうです。今は3週目ぐらいになるようで、どんな具合かなぁ・・・と思いながら、夕方からお見舞いに行ってきました。分厚いギプスにお腹から胸を包まれて大変そうでしたが、思ったよりも随分お元気そうで安心しました。
今、入院されている病院の処置の仕方にも興味がありましたが、七尾市の病院の近代的な話にも随分刺激されました。
多分、「公立能登総合病院」だろうと想像して、調べてみました。

公立能登総合病院

ブログ

歴史は古いようですが、現在の場所に移ったのは比較的最近でとてもモダンで最新設備が整っているようです。
一週間ほどの入院をそこで余儀なくされた先輩ですが、景色もよく、設備も整っていて入院環境は最高だったようです。
香川県も公立病院のあり方がいろんな面で問題になっていますが、個人の医院からでもお奨め入院できるような魅力ある病院ができてほしいものです。

待合風景

インテリア
11 /29 2007
コスモスコーナー 盆栽菊コーナー 大菊・小菊コーナー

クリスマスコーナー シクラメン&グリーンコーナー いけばなコーナー

クリスマス雑貨コーナー 「まつねクリニック」待合風景をリニューアルアップしました。世間はイベント先取りで、クリスマス一色になっていますが、宗教的な意味を抜きにして、夢のある飾りもので楽しんでみたいものです。
まだまだ深まる秋も豪華な菊たちを通して感じてほしいものです。

ぐるっとバス・・・少し進歩☆

宣伝・広告
11 /27 2007
ぐるっとバスが、「まつねクリニック」前で停まってほしいという願いを持ち続けています。10月9日のブログにも発表したように「バス停があったら・・・」ということで動き出してから、自分たちや周りの方々も気にかけて下さっています。
今日のお昼過ぎ、少しだけ進歩がみえました。市役所の方がみえて、スーパーきむら前の「きむら」のを少し「まつねクリニック」寄りに動かしてくださったのです。
あそこまで動かしました・・・と言われて見てみたものの・・・まだまだ遠いです 健康な方なら、歩くことをお奨めしますが、乗り降りする対象の方は、足や腰が不自由であったり、お年寄りだったりするわけですから、の場所は超重要なのです。
とにかく、市役所の方が出向いて状況を調べてくださったこと(ありがとうございます!)は、進歩です。
これから、バスの審議会も開かれるみたいだし、目の前にを望んでいらっしゃる方が多い事実を力説しておきました。

北斗の街

花・植物・虫
11 /27 2007
北斗の街 新たな芸術作品をアップします。
鶏の形に似た切り株に植えられて小菊なのでしょうか 作品名は「北斗の街」と紹介されています。

三色もみじ

写真
11 /26 2007
法泉寺「三色もみじ」 もみじの名所として知られている観音寺市大野原町の法泉寺の「三色もみじ」です。一本に木に赤・黄・朱に染まるので、多くの観光客がこの鮮やかな色合いを楽しむようです。話題のもみじの写真作品をまつねクリニック待合に飾らせていただきました。深まる秋を感じることができます。

懸崖菊満開

花・植物・虫
11 /25 2007
懸崖菊 「まつねクリニック」ホールに飾られた懸崖菊の小菊が満開です。お見事

大山祇神社参拝

記念・行事
11 /23 2007
丸亀 → 今治「瀬戸内海病院」を → 「来島海峡大橋」(大島) → 「伯方・大島大橋」(伯方島) → 「大三島橋」(大三島)
しまなみ海道の旅をしました。
大三島では、「大山祗神社」を参拝し、「多々羅温泉」に浸かり、道の駅をうろうろしました。
ミニ旅行の様子を写真でお伝えします。
来島海峡大橋1 来島海峡大橋2 大島紅葉

多々羅大橋1 多々羅大橋2 大山祗神社1

楠木 楠木2 大山祗神社境内

多々羅温泉標識 多々羅温泉 「大山祇神社」は、地神・海神として日本全土を守護し給う神として古代から崇敬されていて、四国で唯一の大社とされています。天然記念物として、多くの楠木が群生しています。雄大な楠木には、歴史を感じます。

菊花展・リニューアル

花・植物・虫
11 /21 2007
まつねクリニック菊花展・・・見ごたえありの充実です。
今日、新たに盆栽菊を2点とだるま作り菊?!2点が展示に加わりました。お預かりする側も緊張してしまいます。なかなか普段じっくり見られないものだと思うので、この時期に多くの方に、存分に楽しんでいただきたいものです。
盆栽菊1 盆栽菊2 金丸菊5
金丸菊4菊1 菊2
菊3 菊4菊は華やかな中にも、高貴で落ち着いた雰囲気があります。

事故現場に遭遇

未分類
11 /21 2007
今日は、まつねクリニックに向かう途中、パン屋さんに寄り道したところ、そのパン屋さんのまん前で、バスと乗用車が、軽い接触事故をしたようです。どうもバスが停まっていて、乗用車がバックで道路に出ようとしてがっちゃんしたみたい バスの横側にあたった凹みがありました。幸い大きな接触じゃなくて、けが人もいないみたいでしたが、バスが大きい乗り物だし、ほかにお客さんも乗っているようで、対処の仕方は、目立っていました。
これから、年末にかけてみんなが気ぜわしくなるし、の運転は、くれぐれも気をつけたいものです。疲れた状態で車に乗らないことだし、あわてた行動をしない用にしなくては

写真展示編

写真
11 /19 2007
コスモス写真1 コスモス4 コスモス5
コスモス写真3 コスモス写真2 今、「まつねクリニック」ホール&待合室では「菊花展」開催中です。コスモスの芸術写真も展示中です。コスモスもキク科の花です。写真家に話を伺うと、上段の写真・真ん中のコスモスの花びらは、他ではあまり無いそうで珍しい花の形のようです。このように、細かく花を観察したことがなかったので、新たな発見となりました。

ハドマーの椅子

医療
11 /18 2007
ハドマー 今日、「まつねクリニック」のリハビリ室にリハビリ機器のハドマー(足の血流をよくする機器)のための椅子を設置しました。今までは、簡易椅子に座って治療していただいていたので、リラックス・・・という面では不足していたことと思われます。この椅子は、リラックス座椅子・・・とあって、背もたれや膝のせにリクライニング機能もあるし、リハビリ機能に充実感がプラスされるものと信じています。もうすぐ同様の器械のメドマーも並べてリハビリ予定です。ハドマー&メドマー
いろいろな機器でリハビリするためには待ち時間も長くなりがちですが、少しでもゆったりとした時間を過ごしていただけたら・・・と願っています。

石蕗(ツワブキ)

花・植物・虫
11 /17 2007
石蕗(ツワブキ)この写真は、の庭に自生している「石蕗」です。この秋に庭の掃除と共にほとんど刈り入れてしまったためか・・・残念ながら、特徴となる鮮やかな黄色の花は見られません
 新聞のお天気コーナーに「秋の深まりと共に、ツワブキが花盛り」!!とありましたが、花が見られないのは残念かも
ツヤのある丸い葉は、腫れ物や湿疹などに薬効があるそうです。
若い葉柄の佃煮はキャラブキとして親しまれています。

まつねクリニックで菊花展

花・植物・虫
11 /16 2007
昨日、菊名人の方に、新たに菊の作品を飾っていただきました。
金丸菊1 金丸菊2 金丸菊3

金丸菊5 金丸菊4

「菊」にもいろんな名称・用語があるようです。

 ☆大菊 … 大ギク(花の直径18㎝以上)を鉢作り3本立てに仕立てたもの。最も豪華な仕立て方。 大菊には、350mlぐらいを与えます。

  ☆だるま作り菊 … 大菊を高さ70㎝以下の鉢作り3本立てに仕立てたもの。大菊並の豪華な花を咲かせる。

  ☆けんがい菊 … 「懸崖」の字のとおり、崖から垂れ下がって咲い ているように小ギクを仕立てたもの。この懸崖菊を作製するのに1年半ぐらいかかっているそうです。今から、どんどん開花するようで、一段と華やかになることでしょう 水のあげ方にも心配りが必要みたいで、懸崖菊には、毎朝、5号杓の7分目・・・つまりは、670mlぐらいでしょうか 

  ☆盆栽菊… 1年目は根を育て(下物作り)、2年目は幹・枝・葉・花を育てるの(上物作り)が基本だそうです。 根の植え方で、[土植え]や、 石にはわせる[石付け植え]や、木にはわせて植える[木付け植え]や、 [根上がり植え]などがあるようです。コケや岩などに霧吹きで水をあげます。とても繊細そうですね。





続きを読む

広告を考える

宣伝・広告
11 /15 2007
電話帳広告もいろいろありますが、日本逓信というところがやっている電話帳事業を扱っている会社を知りました。→ SOGOページ
各地方自治体の限定地域版に広告も限定されるわけですが、まずは、身近な方々に利用していただける・・・つまりは宣伝になれば!!と思い申し込むことにしました。
広告スペースは限られているので、盛りだくさんの思いを載せることはできませんが、ページを開いた時にいかにインパクトを与えるか!!という観点でしかも上品な印象に!!・・・ロゴマークの「ひげふくろう」が目に留まってくれたら、うれしいかなぁ~

インテリアを考える

インテリア
11 /14 2007
午後から、「まつねクリニック」のインテリアを考える・・だけで日が暮れてしまいました。お花屋に行っていろんな花を見たりイメージしたり・・・クリスマスに向けてのお花もだいぶ出揃ってきたようです。

秋バージョンの待合で、まだこの「ふくろう日記」で紹介していないものをアップしてみたいと思います。
赤い花 コスモス・トールこの赤い花もキク科のお花でしょうか? コスモスの花のトールペイントは何年も前に描いたもので、現実よりは少し地味ですが・・・
金丸・菊 鳥本格的に菊は華やかに活けられました。かさんが以前に工作で作製した巣箱です。秋バージョンに限りませんがふくろうを含め、幸せの鳥をたくさん呼び寄せてみたいものです。

腰牽引機を戒める!

医療
11 /14 2007
今日、リハビリ機器の腰牽引の機械に不備なことが起こったことを報告しておきます。本来、安全な機器なのですが、異物が部品に入り込むことで、機器がストップしてしまいました。
機器の操縦部分に患者様の衣類が挟まってしまい、そういった状況が起こりました。患者様の身体を負傷することはなかったのは不幸中の幸いですが、かなりびっくりされたことと思われます。
私たちも予期せぬ状況だったのですが、今後の機器の取り扱いには充分気をつけていきたいと思っています。
医療機器を装着する際には、財布や携帯電話やアクセサリーなどを取り外して 機器の動きを妨げることの無いように!また、患者様の身体もリラックスできるように機器の装着に心配りができるように!スタッフ一同気をつけていきたいものです。
まだまだ新しい機器や建物設備・・・と思っていますが、やはり、保守点検の重要なこともよく理解できました。

鼻から胃カメラ

医療
11 /14 2007
最近、「鼻から入る内視鏡」・・・というFUJIFILMのCMや「鼻から撮ってくれる胃カメラをやっているところは?!」という友人からの問い合わせがあって、「経鼻内視鏡」に注目しています。
 昨日も患者さんの一人が、鼻からの胃カメラを撮ってみようか・・・と思うが、どうですか???という相談がありました
 実際のところ、「まつねクリニック」でも先月2Wほど、レンタル機器で鼻からの内視鏡検査を実践してきました。
鼻からの胃カメラのいいところは
 1.苦痛がすくない。
 2.モニターでご自分の胃の状態をじっくり確認することができる。
 3.経口胃カメラでは会話ができませんが、経鼻胃カメラでは会話をしながら検査を進めるので安心感が生まれる。
 4.経鼻胃カメラでは むせることはほとんどない。
 5.経鼻胃カメラは鼻の麻酔にやや時間を要しますが、胃カメラを挿入している時間は短縮される。 

まれに、経鼻胃カメラができない方もいらっしゃるようです。
  鼻中隔という骨の変形や鼻の炎症をお持ちの方や、体格の小さい方は鼻の中が狭くなっていることがあり鼻からはカメラを挿入できないことがあるそうです。
  50人に1人くらいの割合で鼻血が出ることもあるそうですが、検査前の麻酔の際に止血剤を併用するので短時間で止まるらしく心配ないそうです。
 利点とまれな欠点を理解した上で、鼻から胃カメラの診療を勧めていくのもいいのかなぁ~と思っています。
胃がんの早期発見に役立てるためにも 楽で受診しやすい方法を普及していくべきなのかもです。方針はいいと思うのですが、問題は、経鼻内視鏡の機器のお値段なのです・・・・・。


手作り“おはぎ”

グルメ
11 /13 2007
おはぎ1 手作りの「おはぎ」が届けられました。甘さ加減もちょうど良くボリュームもあって、最高ですこのボリュームを分かっていただくために隣にタバコの箱を並べてみました。 おはぎ2 素材の良さと、出来立ての風味がです

丸亀城・菊花展

花・植物・虫
11 /11 2007
丸亀城で開催されている「菊花展」の様子をお知らせします。
大手門から入ると一番に「まつねクリニック」に菊を飾ってくださっている方の作品が展示されていました。かなり、有名みたいでたくさんの賞を戴いているようです。
菊・金丸さん作品 菊花展 菊花展・金丸さん作品

菊花展2 菊花展6 菊花展3
菊花展・金丸さん作品2 菊花展4 菊花展5

菊作りも毎日の細やかなお世話が大変なんだろうな・・・と思います。小さな菊は、まだまだ今から開花するようです。時々は散歩を兼ねて観賞して楽しみたいです。

炉端焼き

グルメ
11 /10 2007
炉端焼き まるがめ味処・・・とあるので、以前から気になっていたお店に行くことになりました。ここは、本格炉端焼きのお店「澤和」です。「鶏肉や牛肉・イカ・たこ・穴子・カキ・ほたて」盛り沢山の肉や海鮮類を炭火で焼いていただきます。新鮮な素材で美味しかったのですが、じっくり、ゆっくり過ぎて、素早くドカ食い嗜好のには、少し向いていない食事かもしれません。
何よりも印象を悪くしてしまったのは、近くで炉を囲んでいたおばさん仲間の品格に欠けるうるさい会話でした。aioiaびっくり自分も気をつけたい!ものです。
澤和忙しい中、お店のマスターは葉書に墨絵で、お店を表現してくださいました。
ホームページは工事中のようですが、川柳なども研究されているのかな?!?と思われます。
  HP→澤和

セミナー会場

グルメ
11 /09 2007
今日は、セミナーの会場となった古民家を食事処とした「杜の希」を紹介します。杜の希1 杜の希2 杜の希3 杜の希4

ここは、松の木の盆栽の生産で有名な高松市鬼無町にある古民家のカフェです。五色台を結ぶ山道の途中にあるのですが、道を間違えたかな・・・と思い何度か引き返そうと思ったところに存在しました。
食事は、自然の野菜素材を使ったものが多くヘルシーかつ上品なものでした。和素材の床に自然の風がよく似合う障子・切り株を用いたテーブルなど、落ち着く空間で話に耳を傾けることができました

コスモスいっぱい!!

花・植物・虫
11 /07 2007
今日の午後休診の「まつねクリニック」ですが、院内では、MRI機器の保守・点検やリハビリ室のカーペットの点検と清掃が行なわれました。

外は、お天気もよく近くに見える気になっていたコスモス畑を散策してみました。コスモス畑から見える「まつねクリニック」も新鮮です。
コスモス1 コスモス2 コスモス3

コスモス4 コスモス5 コスモス6

コスモス7 コスモス8 コスモス9

丸亀市三条町・・・素敵な名所の発見です

湯たんぽ

未分類
11 /06 2007
片付けていたら、懐かしい「湯たんぽ」を発見
湯たんぽ2 エコライフ推奨で、最近注目の湯たんぽですが、この小判型で波~波~の形には熱いお湯を入れて圧が変わっても大丈夫なような仕組みになっているようです。一方、ドイツ製の湯たんぽも今はお洒落で流行っているみたいです

ドイツ・ファシー(fashy)社


このドイツ製は、プラスチック製でちょうど水枕のような感じです。ドイツでは歴史もあり、多くの人に愛用されているようです。カバーもお洒落で、いろいろあるようで使いたくなるようなところが魅力です。
実際、自然な暖かさで手軽なので、この冬は、活躍できそうです

自己流菊花展

花・植物・虫
11 /05 2007
菊1 菊2 菊3

「まつねクリニック」を訪れる方は、お花好きな方が多いです。今日もたくさんのお花を分けていただきました。自己流ですがオアシスを使ってアレンジしてみました。よく、菊花展などで見事に花をつけた芸術を見ますが、そういうイメージで贅沢に飾ってみました。
そういえば、「丸亀城」では、丹精こめて育てられた菊の祭典「菊花展」が開催されているようです。まだ、じっくりと観賞していないのですが この期間中に見に行きたいと思っています。

値上げの秋に思うこと

未分類
11 /04 2007
今月から、ガソリンや食料品が全国的に値上げになりました。
aioiaびっくりが入れているスタンドでも、¥148/Lになっていてこの前より、リッターあたり、¥10も値上がりしていました。
 パンの原料となる小麦粉やバターや油の高騰でパンも値上げになっているようです。
「うどん」が名物の香川県ですが、近々、うどんの麺の量が微妙に減ってしまうのか・・・それとも微妙に値上げか・・・とても気になるところです

今、少し考えているのですが、・・・へ通うのに、自転車を使うのはどうかと提案しています。体内の油をエネルギーに変えたら、ガソリン代は節約できるし、エコロジー的にも表彰ものだし、メタボ解消策にもなるのではと思い、推奨しているところです。

11月になりました。

未分類
11 /02 2007
11月になって、急に冷え込んだような気がします。
寒くなると、インフルエンザの流行が気になるところですが、新聞やTVニュースでは、インフルエンザ発症の予防についての研究記事が話題になっています。
ユニ・チャームというメーカーでは、「マスクの着用」で、発症率を1/5
に低減可能・・・という研究結果を発表したようです。マスクの商品活性化とも思われますが、確かに予防策として、空中に飛んでいる目に見えないうウィルスを防御するには、有効な方法のようです。
あと、飛沫感染を防ぐには、「うがいや手洗い」も有効のようです。
「まつねクリニック」でも、「予防接種」をお奨めしていますが、予防接種で、絶対に感染しない・・・という保証も無いので、日ごろできる予防策も取り入れて、免疫力強化に努めたいものです。

ふくろうkonopoco

クリニック内での出来事を中心に日常の出来事いろいろを自由気ままに綴っています。⇒(まつねクリニック)