喜多方ラーメン「上海」(中華そば)

お取り寄せ
04 /14 2018
ラーメン好きなPaPaさん・・・喜多方ラーメンの店で有名な老舗「上海」をお取り寄せしていました。

喜多方ラーメン(上海)1

初代店主が中国・上海でラーメンに関わりを持って以来、半世紀にわたって独自の味作りに拘ってきた味だそうです。

喜多方ラーメン(上海)2

澄んだスープはしっかりとしたコクがあります。
(こんなに澄んだ豚骨スープがあるのにも感動!!そして、上品さを感じられるスープです。)

「 トンコツスープをベースに秘伝のタレである極上醤油を2種類使い、 さらに天然塩をミックスしている」らしいです。

喜多方の麺なので、太めです。スープとの絡みもよく、チャーシューもいい味でした。

喜多方ラーメン(上海)3

喜多方ラーメン(上海)4

喜多方ラーメン(上海)5

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ

にほんブログ村



スポンサーサイト

本マグロ(とろ)とお酒「芳水 山廃純米酒」

お取り寄せ
01 /30 2018
天然カワハギ(ウマズラハギ)とともに淡路島より取寄せていた「本マグロ」です。

まぐろ1


「畜養」・・・とあるので、調べてみました。
海で獲ったマグロを 生け簀で育てて、餌をたくさん与えて大きく太らせ、脂(トロ)を乗せた上で売りに出す、 という方法。だそうです。

環境的に問題もあるようなのですが、美味しさの面では、問題なく美味しいものでした。

大トロと、中トロと、赤身に分かれていて、食べ比べが出来るのですが、中トロが、美味しかったです。

まぐろ2

先週の寒い日だったし、美味しいおかずなので、迷わず、徳島のお酒「芳水 山廃純米酒」というのをお伴にしました。

芳水1

「芳水 山廃仕込特別純米酒」は、

米:新進・気鋭の営農家・福原昭一が特別栽培の滋賀の酒造好適米・玉栄(精米歩合60%)

味:力強い酸の効いたコシ・コク・キレの三拍子そろった飲み飽きしない辛口で、燗をすると抜群の旨さが魅力


「冷」で飲んだのですが、とてもさっぱりとして飲みやすかったです。

芳水2

この日は、マグロの後は、2日めの「赤から鍋」にラーメンを入れた「赤からラーメン」をいただいたわけです。

赤から鍋ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ

にほんブログ村

天然ヒラメ(淡路島産)

お取り寄せ
01 /30 2018
先週は、淡路島産「ウマズラハギ」を鍋にして、満足したわけですが、24日に水揚げされて25日にお届けいただいた「天然ヒラメ」のお造りをその日のうちに、美味しくいただくことが出来ました。

平目と舌平目3

平目と舌平目4

平目と舌平目5

平目と舌平目1

この日は、前回記録した「赤から」鍋3番をした日の晩御飯です。

赤から鍋の辛さで、ヒラメのお造りの味が変わったらいけないので、先に、天然ヒラメを堪能しました!(^^)!


↓ 後で食べた鍋「赤から3番」
赤から鍋3

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ

にほんブログ村

ウマズラハギの鍋

お取り寄せ
01 /29 2018
グルメな島「淡路島」より、新鮮な魚をお取り寄せ・・・そのうちの一つが、ユニークなお顔の「ウマズラハギ」。

鍋用にきれいに下調理されています。

新鮮な肝もあるではないですか!!


カワハギ1

「ウロコが無いかわりに皮が非常に堅くザラザラしていて、皮を剥でから料理するところからカワハギの名が付けられ、このウマヅラハギはその名前の通り、馬の顔に似ているカワハギということから馬面ハギと呼ばれるようになった。」そうです。

カワハギ2

冷凍処理していないので、早速!その日に鍋にしましたよ~!(^^)!

カワハギ3

野菜は、今の時期・お値段高いです。

カワハギ4

カワハギ5

生肝も、新鮮なので、臭みの無くすごくクリーミーで、美味しかったです♪

カワハギ6


最後は、骨類を取り除いて、雑炊にしました~。

コラーゲンたっぷりです!(^^)!
カワハギ7

カワハギ8

カワハギ9

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ

にほんブログ村




初めての「きりたんぽ鍋」

お取り寄せ
12 /29 2017
かねてから食べてみたいと思っていた「きりたんぽ鍋」

「きりたんぽ」とは、つぶした粳米のご飯を竹輪のように杉の棒に巻き付けて焼いたたんぽを、棒から外して食べやすく切った食品で、秋田県の郷土料理でもあります。

鍋のセットを取寄せてみました。

セットの中身で、特徴的なのは、「たんぽ」はもちろんのこと、セリがはいるところでしょうか!?

きりたんぽ鍋セット1

スープには、比内地鶏が使われているところも、特徴あるところです。

きりたんぽ鍋セット2

きりたんぽ鍋セット3

これだけ、食材が揃っているし、レシピ付きなので、作るのには、苦労しなかったわけですが、やっぱり本場で食べてみたわけじゃないので、見た目のイメージがわいてきません。

きりたんぽ鍋セット4

「たんぽ」を温めて2~3切に切るというのを手でちぎったけど、ホントは包丁で斜め切りにするべきだったようです。

同じ時期に「きりたんぽ鍋」をされているブログをご紹介!!
 
肉の御仁家の師走の風物詩「きりたんぽ鍋」
肉の御仁さんの画像2
 ↑
このようにたんぽは斜めに切った方が、見た目がいいし、ダシの染みる面積も広くなるようです
(写真・お借りしましたm(__)m)

きりたんぽ鍋セット5


手で、1本を3つぐらいにちぎったので、見た目がきれいじゃありませんね。
知らない人が見たら、大きなちくわ?!と思うかも・・・

きりたんぽ鍋セット6

でも、味は美味しかったです!!!
食べ方としては、スープたっぷりでいただくようで、残ったスープで、雑炊をしてみたけど、合わなかったですΣ(゚д゚|||)

きりたんぽに染みて、活きるスープにできているんですね。

きりたんぽ鍋セット7


にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ

にほんブログ村

ふくろうkonopoco

クリニック内での出来事を中心に日常の出来事いろいろを自由気ままに綴っています。⇒(まつねクリニック)